2015/03/25
2015/03/24

官能小説

        

「沙織 33歳」(ラブホテルで夫婦エッチ)

category - 官能小説
                 
指の動きだけを感じて

バスローブ 「ラブホテルだから、子供が泣き出して、ストップして…なんだか萎えちゃった。
って話すのもないし、 ね」 「梨花には済まなそうけど、たまには、いいわよね」
「そうそう。たまにはね。梨花だって妹か弟がほしいだろうし」
「一緒にお風呂入るのも、ひさしぶりね」
「たまにはいいだろう? 梨花を預かってくれた、お姑さんに感謝」 ラブホテルの
幅広い浴槽に、向かい合って浸かりながら 沙織は夫の正人に、指鉄砲でお湯をかけた。
「いくつになったんだい?」 正人があきれたように、言い返してくる。
「いつも、梨花とお風呂でこうして遊んでるのよ」 「そうか、でも今日は僕がママを独占だ」
バスローブの下には、これから愛し合うにもかかわらず、 沙織は、いつもきちっとと
ショーツとブラを着けていた。
正人が、脱がせるのが好きなのだ。
大きなベッドに横たわり、目を閉じて沙織は夫の指の動きだけを感じている。
「女の人の下着って、どうしてこうも繊細なんだろうね。
力を入れたら簡単に引きちぎれそうだ」
言いながら、正人は熟知した妻の身体の、敏感な部分をわざと避けて、下着をはずしていった。
「どうしたのかな? もう、感じてる?」 二人の間にはつばさという、かわいいが手のかかる、
1つも目を離せない2歳の女の子がいる。 「……久しぶりだからかしら……私……すごい勢いで、  
みだらになってるわ、もう淫……」 ストップと言って、正人は沙織の唇をキスで塞いだ。
「淫乱なんかじゃないよ。自分に正直になってるだけだ。
僕の前でだけ乱れる分には、とても奇麗で魅力的だよ」 もっともっと乱れてほしい。
僕をもっと欲しがって、と正人は言う。
「でね、うさぎ好きの君にプレゼント」 「なあに?」 「かわいいんだよ」
奇麗にラッピングされた箱の中から出てきたのは、 やわらかいぷにぷにした感じの、
ピンクのうさぎだった。
「これ、なぁに?」 「ラブグッズだよ。ほら、ここをこうして……」 正人がスイッチを入れると
うさぎの耳と両手、 それに小さな口から出ている舌までが、 プルプルとうさぎが動きだした。
「なんだか、気恥ずかしい。」 「通販だからね。君の名前で買っちゃった」 「ずるいわ」
「ね、試してみようよ」 「ここの輪っかは、どうするの?」
「それは僕の男性自身にはめて、僕と君にバイブレーションだよ」

セックスの会話で夫婦の愛を深める…

ラブホテル 最初は沙織の感じやすい首筋に。
続いて豊かな白い胸、乳首を刺激して勃たせた後、 下肢に移って柔らかい柔毛をかき分け、
もっとも敏感な秘密の奥の方へと、 司は、そのラブグッズのうさぎをゆっくり移動させた。
「ほら、うさちゃんの舌がぺろぺろと
沙織のクリちゃんを刺激してるよ。……少し濡れてきたね」
「……あ、あん……ねぇ……」
「なんだい?」
「ちゃんと……あなたでイカせてね?
こういうグッズ、嫌いじゃないけど……」
「好きだろう?」
「……うん。そうね、見た目はかわいいし、
嫌いじゃないわ。一人Hのときはいいわ。
でも、あなたとのセックスでは、ちゃんとあなたでイカせてね?」
「了解。ここのところ、ずっとつばさに君を独占されて、
僕も欲求不満気味だよ。ちゃんと最後は僕でイカせてあげる」
でも、1回目は。そう言って司はラブグッズの輪の部分を、
自分の肉棒に取り付けた。
「うん、くるね、この振動。これではじめは 沙織を存分に楽しませてあげる」
正人は妻のしなやかな身体をだきしめて、 胸のスポットをそっと吸い込む。
「まだ、お乳、出るかな?」 「いやぁね。もう梨花はとっくにミルクに替えちゃったわよ」
「なら、僕のミルクを沙織の壷に注いであげるよ」
「あのね……うんと時間かけてほしいの」
「いっぱい楽しみたい?」
「セックスに時間をかけると、男の子ができるって聞いたのよ」
「そうか。じゃ、次は男の子だね」いつにない濃厚な夫婦の時間だった。
子供のことが気にならないわけではなかったが、
たまには羽目をはずして夫婦生活を堪能するのも、仲良しの秘訣だ。
今宵はそこに、かわいいうさぎまで乱入した。
二人で楽しめる大人のおもちゃなら、それもすてきでいいわ。 と、普段は慎ましやかな
母親の顔ばかりを見せる妻が、 今夜はみだらに可愛く燃え上がる。
夫はそれにある種の感動を感じて、妻に奉仕した夜だった――。



                         
                                  
        

「貴子 38歳 主婦」(クンニで絶頂)

category - 官能小説
                 
夫とのセックス

お茶をする2人
「えーっ、舐めてもらったことないの?!」
女友達の良子が、驚いたように叫びました。
彼女と私とは、マンションが近くで年齢も同い年、夫も共に同年齢のサラリーマン。
お互い似たような境遇なんです。
テニス教室で知り合いになって、時々一緒にお茶する仲なんですが、
「この頃、夫と夜の営みがなくて…」
と呟くと、良子は、「あら、うちなんて週に一回は、私を求めてくるわ。
『お前を見てると、ムラムラしてきて、我慢できないくらい魅力的だ』って言うのよ」 と自慢され、
「この間なんか、すごく長い時間抱かれたの」って、告白されたんです。
私の夫の茂樹はここ最近求めてこなくなって…。
  (これじゃいけないのかも…少々恥ずかしいことも楽しんで、セックスにバリエーションつけないと)
そう思った私は、密かに秘策を練ったんです…。
数日後、少し酔った夫が、ベッドで珍しく求めてきました。
互いの背に手をまわしてのキス。
いつもなら、乳房をこちょこちょと触るか触らないかで挿入。
そして、数分も経たないうちに果てて終わり…。
そんなパターンばかりだったんですが、この日は全く違いました。
「ああっ…あなた」
なやましくセクシーな声で囁きながら、まず、夫の体にキスしてあげました。
乳首を舐めて、軽く噛んであげると、
夫は「おっ」と言うような声をあげていて。
今までまったくそんな事はしたことなかったので、驚いたみたいです。
夫はけっこう毛深いほうで、下腹の剛毛に口付けしながら、
スッと顔を下の方に移動させていき…。
思いきって硬くなっている夫の肉棒を口に含み久しぶりにフェラチオをしてあげました。
そして、吸ってあげ、お口の中で揉んであげたんです。
「ど、どうしたんだい?貴子…うううっ、気持ち良いよっ」
夫は、戸惑いながらも、快感に声をあげます。

夫の感じる様子を見て、私も感じてきて、熱くなってしまい、
「ねえ、私のお乳、舐め回して」
夫の顔を、乳房に誘導しました。

実は、セックスの前、下半身の谷間の臭いをケアする、
カシスの甘く爽やかな香りのオーラル用のジェルを、オマンコと乳首に塗っておいたんです…。

「ああ、美味しいよ」
夫は、熱心に乳首を舐めて吸ってくれました。
「ねえ、ここにも同じ味のジェルを塗っちゃったの」
私が恥じらいながら、ぬめっと湿ったあそこの花びらを開いて見せると、夫は、下半身用の
ジェルの甘い香りに誘われたように顔を持っていき…。
「ステキだ…久しぶりだよね、貴子のここを舐めるのは」
と呟きながら、顔を埋めてくれたんです。
彼の厚くて温かい湿った舌が、私の下半身の唇をざわっと舐めました。
とたんに、快感がビクンと太股に走って、
「あう…」私はうめいたんです。
 
いつもなら、恥ずかしかったんですが、
この日はジェルでケアをしていたので、大胆になれちゃいました。
大胆になった分、快感も大きく感じてしまいました。
 
夫の大きな舌先が、花びらの間のみぞを舐めまわっています。
と思うと、花びらの片一方を、上下の唇にくわえて、震わせたり…。
「あっ、あっ、あーん」その度に、声がでてしまいます。
花びらと花びらの間の山脈を、下から上に、上から下にと連続して舐められた時には、
「ああっ、感じる…あなたっ、いいっ、いい~」
と大きな喘ぎ声をあげてしまいました。
そして、彼の舌の先が、尿道口を愛おしむようにくすぐり、
その上のクリトリスを捕らえて唇に挟んだ時、
大きな快感の波が押し寄せて。
「あなたああっ、いいわああっ」
私は腰をせり上げ、下半身を思いっきり震わせて、蜜を噴き流してしまったんです。
私の乱れようを見て、夫もさらに
「ここがいいんだね、貴子…」
熱意を込めて、クリトリスに舌先を当てて震わせたり、
舌先で円を描くようにして、舐め続けてくれます。
「だめっ…ああっ、感じすぎちゃうっ」
私が悲鳴を上げても、なおも夫は私を離さず舐め続けていました。
天国にいるような気分で、私は何回も絶頂を迎えて、
快感の波に悶えながらイキまくっていました。
それは、初めての快楽の経験でした。
30分以上もクンニされた女陰は、もうメロメロ状態。
濡れまくっていて、夫が体位を変えて入ってきた途端、
「イクううううっ~」と叫ぶほどの気持ち良さでした。
 
夫の腰が動いている間、快感に泣きっぱなし。
夫もこのセックスで、性に大胆になった私を見直したみたいで…。 
「貴子に二度惚れしたよ…女の魅力が溢れている。
お前なしではもう生きられないよ」
なんて言うんです。
そして、セックスの回数も良子さんの所を上まわる、充実したセックスライフに復活。
  「なんか、最近きれいになったわね」
そんな事を言われる今日この頃です。